プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
夢見る投資家 「まっちゃん」の言い訳へ ようこそ 
夢?
それはどこまでも利益を出し続けること負けないこと。 
配当金や株主優待を楽しみに長期保有のスタンスですが、株価はやっぱり上がってほしい。
株への、自分勝手な思いや言い訳をつづっていきます。が、これらブログ内での個別銘柄や投資についての考えは、個人的な主観であることをご理解ください。

https://kabunoiikwake.blog.fc2.com/

フリーエリア
全記事表示リンク

銘柄選択 インフォテリア(3853) の言い訳3

2018/02/21 19:53:25 | PERSONAL VIEW | コメント:0件

・・つづき・・
私見 インフォテリア(3853)

なんだかよくわからないけど、インフォテリアの平野社長はブロックチェーンを押し
仮想通貨取引所の運営やブロックチェーン技術を手掛けるフィンテック企業のテックビューロに出資しています。

テックビューロという会社は非上場の会社です。
テックビューロが手掛けるのは
「ザイフ」「ミジン」「コムサ」
・仮想通貨取引所の「ザイフ」。20017.9改正資金決済法に規定される仮想通貨交換業者としての登録済みのようです。
・不正送金で話題になった「NEM」の開発者と一緒に開発されたプライベートブロックチェーン構築プラットフォーム「ミジン」。
・実ビジネスにおけるブロックチェーン技術の導入を支援するICOプラットフォーム「コムサ」
「ザイフ」以外ホントによくわからない。理解しがたいですが、とにかくフィンテックが得意な会社のようです。今は最先端なのでしょうが、ずっと最先端かどうかわからず。インフォテリアがテックビューロと手を組んでいることが良い方向に進んでくれることを期待しています。 

世の中に出てきたばかりのフィンテック技術、平野社長の考えでは、新しい技術への置き換えは10年程度かかって変わってゆくものととらえているようで、フィンテックに対しても、すぐに答えを求めているわけではないようです

そんな インフォテリア(3853)
EAI/EBS国内シェアNo1 6500社導入
主力ソフトが「アステリア」と「ハンドブック」
データ連携用「アステリア」、
データ管理用「ハンドブック」は
ともに同分野でのシェアが首位。
アステリアは社内の複数あるコンピュータのデータをノンプログラミングでつなぐことが出来、データ連携に伴うスピードアップを可能とし、ミスを減らし、円滑なデータのやり取りをすることが出来るようにするもの。通訳のようなもの。
ハンドブックはビジネスで必要なデータをクラウドで管理し、必要に応じてタブレットなどの端末で活用できるようにするソフト。接客でタブレットを見せられて説明を受けたときなど、知らず知らずに触れていたのかもしれません。

インフォテリア(3853)
発行済み株式数:17,480(千株)(2017)
自己資本比率:73.6%(2017)
利益剰余金:」841(百万円)
有利子債 :133(百万円)
ROE: 8.4%
PER予:85.24倍
[EPS]
2010.3 7.6
2011.3 14.7
2012.3 11.3
2013.3 2.6
2014.3 5.2
2015.3 -5.2
2016.3 8.8
2017.3 15.5
2018予)27.1

全体的にどう映ったかというと
アステリア・ハンドブックといったシェアNo1の主力製品たちは、直接触れ合う事もなく
「へーそうなんだ」という感じ。
社長は日本出発の国際的に力のある企業にしたいようです。
そして、ブロックチェーン技術でインフラを支えようとする夢。
テックビューロとの話。
マザーズの銘柄でブロックチェーンの技術が進展しなかったり、更に優れた技術の台頭など逆風にさらされることもあると思います。

インフォテリアの株を買った理由
・フィンテックの話が出始めた頃、この会社を知った。
・当時から有利子負債の倍以上の利益剰余金があり、自己資本比率も高く財務状況がよく見えた。
・当時、株価が600円程度で将来「フィンテック」がどうなるかわからなかったけど、次世代の技術として100株くらい持ってても、半額になっても耐えられると思った。気長に待てると思った

最近の
予想PER85.24倍はちょっと株価に割安感がないように見えます。
自分が投資した当時は株価も600円程度でしたし、社長の世界を見渡す夢、ブロックチェーン普及の仕事の続き
いったいどうなる事やら と おもってるけど・・

まだ 

見守ってやるか

と思って 保有中。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■

     ■お名前.com








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する