プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
夢見る投資家 「まっちゃん」の言い訳へ ようこそ 
夢?
それはどこまでも利益を出し続けること負けないこと。 
配当金や株主優待を楽しみに長期保有のスタンスですが、株価はやっぱり上がってほしい。
株への、自分勝手な思いや言い訳をつづっていきます。が、これらブログ内での個別銘柄や投資についての考えは、個人的な主観であることをご理解ください。

https://kabunoiikwake.blog.fc2.com/

フリーエリア
全記事表示リンク

テクノメディカ(6678)の2019年3月期決算と自社株買いの発表

2019/05/30 19:50:09 | 株式投資 | コメント:0件

医療機関で血液検査を受ける際
採取した血液は
一旦 『採血管』というスピッツに分けられ
検査装置へ至ります。
そんな採血管、検査方法によって何本も用意したり、
患者さんが多い施設では、取り違えのリスクも存在します。

そんな採血管を自動で準備してくれる装置
採血管準備装置を手掛けるのがテクノメディカ(6678)

そのテクノメディカの2019年3月期決算
売 上 高 : 9,332百万円(+7.8%)
営業利益: 1,517百万円(+1.8%)
経常利益: 1,535百万円(+3.0%)
当期純利益: 1,098百万円(△16.1%)

今決算期は主力の採血管準備装置の受注増加、
海外販売の積極化が寄与したようです。
純利益の減益は
前期に法人税等の還付があったことからの影響のようです。

そして増配
45円(2018.3)→47円(2019.3)

さらに自社株買いの発表
95,400株(発行済み株式数の1.1%)を上限に
199,863,000を上限とするもの。

国内医療業界は2018年4月に行われた
診療報酬と介護報酬のダブル改定で
診療報酬全体で1.19%の引き下げが行われており、
医療施設の経営効率化の必要性が高まっているようです。

一方で、
医療費をはじめとする社会保障費が急増すると考えられる2025年問題を抱えているようで、
2025年問題を背景に、医療機関は業務効率化のための
医療機器の整備がかかせない業界のようです。

おそらく2025年問題って
団塊の世代が後期高齢者になる時期のことですよね?

国からは医療への診療報酬絞められて
国民は医療が必要で
医療機関は経営のための医療
って
矛盾の上にたつ国内医療

海外へ期待だわ。

(6678)テクノメディカ
(5/29) [決算/3月]
【株 価】 2,110円
【PER(予】 18.09倍
【P B R】 1.32倍
【EPS(予】 105.02円
【R O E】 10.39%
【配当(予】 47円
【株主優待】 あり
テクノメディカの株主優待2018.9権利分
 権利確定月//9月末
 対象//100株以上
[内容]京都産こしひかり 2kg

投資は自己判断自己責任でって?
それ以外なにがある!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

【初期費用無料】月額290円からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する